昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

Sliver(1993)  邦題 硝子の塔

7年間のひどい結婚を終え、35歳のカーリー(シャロン・ストーン)は、高層マンションに移り住む。入居早々、カーリーの部屋の前入居者は、バルコニーから墜落死したことが判明。カーリーにそれを教えた老人も死ぬ。一方、マンションに住むの2人の男たちが、彼女に急接近してくる。コンピュータ・ソフトウェア関係の仕事をするジーク(ウィリアム・ボールドウィン)と、いかにも怪しげなミステリー作家のジャック。カーリーはジークと肉体関係を結ぶが……。

ネタをばらしてしまうと、何にもなくなってしまいそうなので(セックス・シーンは残りますが)、筋に関係することは書きません。

ただ、ジークが、人々の実生活を覗き見することについて言った台詞は、現在のTV界におけるリアリティー・ショーの繁盛ぶりを予言しているかのようで、ちょっとびっくりなのでした。

あと、シャロン・ストーンの顔立ちって、非常に整っているのねえと感心。

Sliver amazon.com
Sliver imdb.com
[PR]
by Erika_Akane | 2004-09-25 03:00 | 映画(ビデオ・DVD)