昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

Mermaids (1990)  邦題 恋する人魚たち

1963年。小さな町で問題を起こしては引っ越すことを繰り返してきたシングル・マザーのフラックス夫人(シェール)と、その娘シャーロット(ウィノナ・ライダー)、幼いケイト(クリスティーナ・リッチ)たち。今回は、マサチューセッツの小さな町にやってくる。修道女になりたい十代のシャーロットであるが、教会の管理人(用務員?)であるハンサムなジョーに惚れこんでしまう。いっぽう、フラックス夫人も靴屋の主人ルーといい仲に……。

Familyチャンネルでやっていたのを見ました。

シェールとウィノナ・ライダーとクリスティーナ・リッチが家族だよ、ということに、いつまでも感心しつつ、ストーリー的には、ちょっとだるかったかな。

ハッピー・エンドよりではあるのですが、シェール・ママが、そうそう簡単に落ち着いてしまわなくて、よかったと思いました。わたしの場合、ルーおじさんくらい家庭的な人が身近にいたら、一発で感化されてしまいそうな気がします。

でも、真面目な話、子供って一人一人、説明書や取り扱い書が付いてきたら、育てやすいだろうなと思ってしまいました。(ついでに保証書もあれば…)

クリスティーナ・リッチのほっぺが、ぷっくりしていて、とても可愛いかった。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-06-12 12:14 | 映画(TV)