昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

The Others (2001)  邦題 アザーズ

英国田舎の大きな屋敷で、グレース(ニコール・キッドマン)は、2人の子供たちと共に、戦争へ行った夫の帰りを待っていた。子供たちには、日光を浴びるとアレルギー反応を起こす病があり、大きな屋敷の大半には厚いカーテンがかけられている。昼間でも薄暗い屋敷では、不可解な現象が起こることがあった。ある日、どこからともなく三人の使用人がやって来る…。

ネタバレ注意!!


化け物が出てきたり、大出血したり、ぐちょぐちょになったり、ということはないんですが、心理的恐怖の出し方がうまいです。恐そうな音楽のせいかな。暗闇やら、訳知り顔の女の子のせいかな…。

わたしは、理性的でないのにも関わらず、恐いものにあうと、理性化によって対処しようとするので、すっかりひっかかってしまいましたよ。全部、この女の子の仕業だと思ってました。お父さんを恋しがっているし、お母さんには反抗的だし、動機は十分、と。

でも、それだけでは説明のつかないことが起きるのです!

これって、ポスト『シックスセンス』ワールドからの『シックスセンス』に対する答えなのかしら。(軍配は『シックスセンス』に上がります)

個人的には、(『シックスセンス』もそうなのですが)こういうタイプのサプライズ・エンディングは、あんまり好きじゃありません。『スティング』みたいなのはすごく好きなんですが。

絶望的な状態にいる母親グレースの悲惨さ、八方塞がりぶりが非常に気の毒でした。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-06-20 05:47 | 映画(ビデオ・DVD)