昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

カテゴリ:カナダ生活( 27 )

です。
cnn.com
カナダ首相ポール・マーティンと会談ののち、ハリファックスへというシンプルな日程です。

パレードも国会での演説もなし。
オタワには、トロントやモントリオール、アメリカからの抗議者が押しかけて、一応「平和的」なデモンストレーションを展開。(機動隊との衝突もあったようです)

カナダではブッシュ大統領は非常に受けが悪いんですが(911の時、カナダはアメリカに着陸できなくなった飛行機の面倒をみてあげたものの、直後の大統領の演説では「感謝する国々」の中に「カナダ」がなかった。ちなみにその後、カナダはイラク派兵拒否)、なにしろカナダは経済的にアメリカに頼っているし、隣国だし、軍隊は弱いしで、「嫌い」とばかりも言っていられない難しいところ。

いろいろあっても、やっぱり離婚できない妻みたいなものなのかしら。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-12-02 00:41 | カナダ生活
してしまいました。

Toronto Star記事
(写真の中で一人スーツ姿なのが、あのウェイン・グレツキー。ダイアナ王妃に似てるという話がありますが…)

ダウンタウンは一晩中、大騒ぎ。
カナダでは珍しいことに、逮捕者まで出てしまいました。(タクシーをひっくり返したとか)
[PR]
by Erika_Akane | 2004-09-15 22:52 | カナダ生活
というものがあるのです。誰も気にしちゃいないと思いますが…

www.hockeycanada.ca

カナダVSフィンランドの決勝戦が今夜行われます。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-09-15 06:16 | カナダ生活

Civic Holiday

昨日は、Civic Holidayで休みでした。(8月の最初の月曜日)夏場のロング・ウィーケンドって貴重です。

といっても、銀行とか政府関係機関しか休みではないんですが。

Civic Holiday
[PR]
by Erika_Akane | 2004-08-03 21:28 | カナダ生活

ヌードビーチを偵察

してきました。(湖岸でもビーチといいます)

うちのとこのビーチは、「ヌード!ビーチ」というよりは、「なんだったら服を全部脱いじゃってもいいです。逮捕しないから大丈夫ですよ……ビーチ」という弱気なものです。

ともあれ、ビーチ裏の藪の中から頭をそーっと出して決死の偵察。そこには……

スイカのようなお腹の60代くらいの肥満男性が、一人全裸でのしのし歩いている他は、誰も全裸ではないのでした。あんまり人がいないし。

アンチ・クライマックス。

わたし自身は、特に隠さなければならないようなものもついていないので、裸になることには抵抗がないのですが、一緒に行った人は「ここで裸になるくらいなら死んだほうがまし」という感じだったので、ヌードビーチ・デビューはなりませんでした。

カナダでは、バンクーバーに本格派ヌードビーチがあるといわれています。興味のあるかたは、そちらのほうへどうぞ。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-07-15 21:10 | カナダ生活

Yonge Street Festival 2004

トロントでは、このところ毎年夏、ストリート・フェスティバルというのが開かれます。

「世界で一番長い通り」と呼ばれる(「世界で一番~」というのは、あらゆる事に使われる傾向にあるので、正確なことは気にしないでください)ヤング・ストリートの一部を歩行者天国にし、仮設ステージや出店を設けて、楽しく過ごそうというお祭りです。

あまり組織だっておらず、だらだら、えんえんと続きますが、夏のだらだらした気分にぴったりのような気がします。

Yonge Street Festival

ついでに、この週末は、モリソン・インディーも開かれています。カー・レースって、全然分からないんですが、たくさんの観光客が来るらしいです。

Molson indy
[PR]
by Erika_Akane | 2004-07-11 04:14 | カナダ生活

グリーク・タウン狂喜

昨日のユーロカップ決勝戦(ポルトガルVSギリシア)は、街の中でもおおいに盛り上がっていました。どちら側も、車に4本ぐらい旗を立てて走っていたりしました。(+カナダ国旗も。カナダ・デイ週末だったので)

ポルトガル系移民とギリシア系移民というのは、かなり大きなコミュニティーです。どちらが勝っても大ストリート・パーティーになること間違いなし。

で、ギリシアが勝ち、おりからの夕立にも関わらず、すさまじいお祝いになったのでした。(意味不明の雄たけびとか、ダンスとか、ストリート・カーや車の車体を叩くとか……)気前よく通行止めにして、一晩中騒ぎます。

可哀相なリトル・ポルトギーでも、とりあえずパーティーになったそうです。


ところで、このユーロカップ、ラスベガスかどこかで、最初からギリシアに賭けていた人って、大当たりだったのではないでしょうか。そんな人いるのかな。ギリシアって、普通の国際試合で勝ったことすらなかったんですよね……。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-07-05 21:42 | カナダ生活

Canada Day

7月1日はカナダ・デイです。カナダの誕生日ということになっていて、休日です。

今年は7月1日が木曜日なので、金曜日を個人的に休日としてとり、4連休にしてしまう人が多いです。ついでに水曜日も休みにし、5連休にしてしまった人も。

というわけで、今日は金曜日気分。(カナダはまだ30日です)

カナダ・デイには何をするかというと、リラックスして、ビールを飲み、花火を眺めて、カナダ人であることを誇りに思うのだそうです。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-07-01 05:44 | カナダ生活

総選挙

だったのです、昨日。

カナダの政治は好きなので、いろいろ書きたいこともあるのですが、背景説明が面倒くさいので止めておきます。

今回の選挙で、一番不思議だったのは、選挙前の世論調査による予測と、実際の選挙の結果が、かなり違っていたことです。(事前調査では自由党は臨死体験をしたのでした)


ところで、連邦選挙でびっくりしたのは、投票所のほのぼのぶり。

ぼんやりと記憶にある日本の投票所は、ガードマンみたいのが立っていて、投票箱は銀色のスチール製で…と、ものものしい雰囲気だったような気がします。(子供の頃、親について行った時の記憶なので間違っているかも)

カナダは、投票箱やら仕切りの壁やらが、なんとダンボール製!!児童会選挙じゃないんだから。
護衛・守衛のたぐいも特に立っていないし。
平和な、良い国だなあとしみじみ思いました。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-06-30 02:31 | カナダ生活

ユーロカップって

カナダには関係ないはずなんですが(サッカー弱いし)、結構、真剣に観戦されています。

カナダは移民の国で、しかも自国の文化をそのまま背負っていてよいことになっているので、(アメリカは、全員アメリカ人化する「るつぼ」ですが、カナダは、みんなそのままでいてよい「モザイク」ということになっています。一応)本国やら、祖先・両親が出身の国やらへの愛着をおおいに示します。

ユーロカップに関係したところでは、リトル・イタリー、リトル・ポルトギー、グリーク・タウンなどが、メジャーでしょうか。バーに集まって試合を見、勝ったら大騒ぎ。(ワールド・カップの時は、コリアン・タウンが凄いことになってました)

イングランドの旗を翻しながら走る車とか、リトル・イタリーに乗り込んで観戦するスェーデン人グループとか、特に何もしないフランス人たちとか、その他の国々も頑張っています。

たぶん、本国の人々は何も知らないと思うのですが、遠い所でも、勝手に盛り上がっています。

オリンピックも、カナダが駄目だったら自分の関係国を応援するという具合(あるいは、その逆)になるのでしょう。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-06-22 21:45 | カナダ生活