昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane
トロントで暮らす、金持ちのヒンデゥ・インド人青年Rahulは、カナダのブリットニー・スペアーズと称される白人女性キンバリーと交際していたが、キンバリーが事故死。母と祖母からインド人の結婚相手を見つけるように強制されたRahulは、バーで出会ったエスコート・サービスの女性スーと、婚約者のふりをするという契約を結ぶ……。

日本にいた頃、映画ファンの間で一時期「インド映画」が流行ったのを覚えています。「ボリウッド映画」とも称される、ミュージカル仕立て+メロドラマチックな恋愛映画。そのパターンを使ったカナダ産映画です。

いきなり歌と踊りは始まるわ、ファンタジー場面になるわ、幽霊はでてくるわ……、映画館で、たくさんの人(特にトロントの映画愛好者たち)と一緒にみたら、とっても楽しかっただろうなと思わずにはいられませんでした。

トロントのウォーター・フロント周辺多出です。ドラッグ・クイーンの中に「エンザ・ザ・スーパーモデル」(ものすごく地元ネタですみません…)がいた!と思ったのはわたしだけ??

写真のでているサイトにリンクをはっておきます。

www.haro-online Bollywood / Hollywood

imdb.com Bollywood / Hollywood
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-02-16 04:43 | 映画(ビデオ・DVD)
「ベスト・イン・ショー」(一等)を狙って、メイフラワー・ケンネルクラブ・ドッグショーへ出場する飼い主と犬たちを追う、ドキュメンタリー風コメディ。

左足が2つある男と、むやみに男たちから「覚えてる?」と声をかけられる妻。精神分析医(心理カウンセラー?)に通う、神経質な若いヤッピー夫婦。ゲイ男性カップル、非常に高齢の男性と仮面夫婦している、セクシーな若い女性……などなど、一風変わった飼い主たちの描写が、「いかにも!」という感じで笑えます。(皮肉系)

ショーが始まってからの、中継をする男性のコメントも爆笑。

ちょっと探しただけでは、日本で公開されたかどうか分かりませんでした。(なんとなく、日本公開になる映画を選ぶ人々の趣味に合っていそうな気がするので、公開になっているのではないかと思うのですが…)邦題を知っている方は、どうぞお知らせください。

神経質なヤッピー夫婦の犬は、やはり神経質な犬になってしまい、とっても可哀相なのでした。ああいう親(と子供)っているような気がします。

Best in Show 公式ページ

Best in Show imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-02-12 06:32 | 映画(ビデオ・DVD)
パリ・オペラ座の怪人は実在した……「わたし」が、関係者の証言や随想録を引用しながら描き出す、オペラ座の怪人の恋と最期。

映画を見た後、どうしても気になって、「駄作」よばわりされている原作を読んでみました。旅行にいったり、その前後の始末でなかなか読書の時間がとれず、200ページの薄い本なのに、読了までに時間がかかりました。

かーなり時代かかっていて、話に入りにくいし、やたらに爆発(しそう)な、かつ引き伸ばす冒険談があったりして、「駄作」よばわりされるのも無理はないのですが、「いいとこ」はかなりよくて、本を置くことが出来ない部分も。

酷評が多い映画版のレビューで、笑ってしまうのが「怪人がハンサムすぎる」というもの。確かに映画の怪人は、マスクをしているかぎり、ラウルよりハンサムだし、マスクをとっても「あなた、自意識過剰なんじゃないの…」という感じなのですが、原作では本当に醜い!!(といっても見えるわけじゃないんですが、ほんとに醜くて恐い感じ。あまりにも醜いので実の母親にキスされたこともなかった――って、醜さとその悲しみがにじみでてません?)

I will play you Mozart, if you like, which will only make you weep; but my Duan Juan burns, Christine; and yet he is not struck by fire from Heaven.  (中略) You see, Christine, there is some music so terrible that it consumes all who approach it. Fortunately, you have not come to that music yet, for you would lose all your pretty coulouring and nobody would know you when you returned to Paris. (page 95)

映画かミュージカルで出てきたかどうか覚えてないのですが、怪人の名前はErik。自分のことを、「誰もErikの素顔を見ることはないのだ」とか、3人称で語ってしまうあたり、ちょっと笑えます。でも、怪人の苦悩・悲しみは、やっぱり本が一番よく味わえるような気がします。

クリスティンに結婚の承諾をさせた後(一応、彼女に選ぶ権利はあるのだけど、Noの場合、ラウルはもとより、オペラ座にいる観客たちが大爆発の犠牲になるという条件って…)、彼女に初めて(というか、生まれて初めて女性に)キスするあたり、涙なしでは読めません。

わたしが読んだのは、「wordsworth classics」の英訳版。(訳者の名前が見あたらないんだけど…なんなの、これ?)アマゾンには見当たらないのですが、表紙の絵が本で描写される怪人に似てるので(鼻がなく、痩せこけていて背が高い。昼間は目は穴のように見えるが、暗闇の中では猫の目のように黄色く光る)、ここにリンクをはっておきます。

The Phantom of the Opera amazon.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-02-09 00:02 | 洋書
ボクシングトレイナーのフランキー(クリント・イーストウッド)のもとに、マギー(ヒラリー・スワンク)がやってくる。ホワイト・トラッシュを自覚するマギーは、女子ボクサーなると決めている、31歳のウェイトレス。初めは相手にしなかったフランキーだが、マギーの決意に心を動かされ……。

わたしはボクシングには興味がないし、好きではありません。(ロッキーも見ていない)そんなわたしでも大感動。ボクシング嫌いの人でも一見の価値はあると思います。映画館で観る人はマスカラを控えめに。ハンカチとちり紙を忘れずに!(映画館の中は鼻をすする音でいっぱいでした)ユーモアもあるのだけど、最後は泣きに走ります。

ネタバレ(というか…)注意!!


登場人物(中心人物)たちが、みんな孤独で、過去を背負っていて、どちらかというと「負け犬」サイドで、そういう人たちが、ひっそりと寄り添っていく感じがいいです。

フランキーがマギーの熱意と決意に押されて、彼女の夢を実現していく過程も素敵なのですが、そんな彼女の頂点が打ち砕かれてからの終盤が圧巻。

トピック的に相当重いし、ラストはモラルとしてかなり難しい。(ボクシングだけに生きたマギー((とフランキー))の場合、こういう結末は仕方がない…と思いました。ただ、場合によっては、これはまずい)

ところで、わたし自身、「肉親の絆・愛」みたいなのは、あんまり信じていないのですが、それにしてもマギーの親兄弟はひどすぎ!!

Million Dollar Baby  英語公式サイト

Million Dollar Baby  imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-02-08 03:06 | 映画(映画館)
遠距離恋愛だったガールフレンドと別れたばかりのアメリカ人青年ジェシー(イーサン・ホーク)は、列車の中で、フランス人学生のセリーヌ(ジュリー・デルピー)と知り合う。彼女と特別な結びつきを感じたジェシーは、ウィーンで一晩一緒に過ごすように説得する……。

土曜の夜にWネットワークで放映していたのを見ました。(F-wordは全て消去されていました)

試写会で続編の『Before Sunset』を見たので、「結局はセックスする」とか「6ヶ月後に会う約束は果たされなかった」とか分かりながらの鑑賞だったのですが――。

いいですねえ~。

二人が話しまくるのは続編と同じなのですが、二人とも若くて、歳をとってからの”bitter”な感じが少なくてよかったです。

個人的には、続編の『Before Sunset』よりも気に入りました。もっと若い頃に見ればよかった(せっかく、登場人物たちと同い年あたりなのに!)と後悔しました。(これが出た当時は、わたしも若かったわけですが、「距離」に「ディスタンス」と振りがなをふっているのが、ものすごく嫌だった←アホなわたし)

英仏堪能なジュリー・デルピーが、とっても素敵。

これはもう、老年期に入ってからの二人の再会ムービーも作ってほしいですね。(三人目の若いブロンド妻が浮気をしているのではないかと疑っているジェシーと、痴呆症の夫の介護に負われるセリーヌが、それぞれの配偶者が行きたがったためにやってきたラスベガスで偶然に再会!とか)

Before Sunrise  imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-02-03 00:59 | 映画(TV)

L.A. 旅行

1月25日から28日まで、休暇でハリウッドに行ってきました。

L.A.は初めて。

・スターの家ツアー(ミニバスで、サンセット大通りやハリウッド・ヒル、ビバリーヒルズなどをめぐり、スターの家、よく遊びにいくナイトクラブ、映画の撮影に使われた場所・家を見る)
・ユニバーサル・スタジオ(ハリウッドのユニバーサル・スタジオは、実際に映画制作に使われている)
・ハリウッド・ヘリテージ博物館(映画・TVショーのセット、ビデオに音響効果を入れてみるなど)
・ハリウッド・ヒストリー博物館
・コダックシアター・ツアー(アカデミー賞授賞式が行われる劇場の内部ツアー)
など、完全に観光客してきました。

カナダ東部から這い出していくと、L.A.の暖かさは奇跡のようなのでした…。それから、日本人観光客の多さにもびっくり。あんなにたくさんの日本人を一度に見ることが出来たのは非常に久しぶりです!

L.Aは広大で、地区による貧富の差の著しさに唖然としました。ビバリーヒルズとかはよさげですが、メトロに乗っていると、おっそろしくやばそうな地区も(それも、かなりの大きさ)見えて、こんなところに生まれ育つのは大変だろうな…と思わずにはいられないのでした。

それでも、その辺で会うアメリカ人はとってもフレンドリーで親切で、「アメリカ人は大好きだけど、ブッシュは”困ったちゃん”」という、カナダにおける一般的な見解に、納得がいきました。
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-01-31 09:17 | 雑感
詐欺師として、若手のフランクと共に働くロイ(ニコラス・ケイジ)は、神経症的な潔癖症であった。大金を貯めながらも個人的な人間関係のない生活をするロイ。ある日、フランクに紹介された精神科医に、過去の人間関係でひっかかるものを問われたロイは、14歳になる娘がいるかもしれないと打ち明ける。その娘、アンジェラと会った時から、ロイの生活は大転換をとげる……。

ネタバレ注意!!!



久しぶりに、すっきりとだまされました。こういう展開になるとは、思いもつかなかったです。(ただし、「逆転があるぞあるぞ」と思って見ると、最初から分かってしまうそうな……)

ロイ(に限らず…)人の弱いところを突くのは、「騙し」の基本とロイも娘に講義していますが、こういう弱点をつくとは……。5秒ほど、非常に胸が痛みましたが、なんとなくいい感じに終わっているので、後味は良いです。

ロイとアンジェラの父娘関係は、まさに幻であるし、残酷でもあるわけですが、最後に、お互い「楽しかったよね」と言い交わすように、どこか心温まるものがあるのでした。

Matchstick Men 公式サイト

マッチスティック・メン 日本語公式サイト

Matchstick Men  imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-01-25 04:15 | 映画(ビデオ・DVD)
金が底をつき、車を取り上げられそうになった、売れないシナリオ・ライターのジョー(ウィリアム・ホールデン)は、追跡をかわそうとするうちに、不思議な大邸宅に転がり込む。そこには、サイレント映画時代の大スター、ノーマ(グロリア・スワンソン)が、自分だけの世界に生きていた……。

死んだ主人公が、時にジョークなどを交えながら死に至るまでの6ヶ月を語ります。ブラックユーモアに満ちていますが、それだけではない映画。1950年作ですが、古さが全然感じられませんでした。

ノーマの住んでいる世界、マイケル・ジャクソン(ファンの方、ごめんなさい!)なんかも、こんなふうに暮らしているんじゃないかしら、と思わずにはいられません。
それをいうなら、「売れないシナリオ・ライター」も、今も昔も変わりなく、同じような悩みと願望を抱えていると思われますし…。

ぶっとんでいながらも、真実味のあるキャラクターが揃っている中で、特にすさまじいのが、執事(?)のマックス。ノーマに対して異様に忠実なマックスの正体には愕然!!ノーマ以上に鬼気迫るものがありません?

ラスト・シーンの盛り上がりぶりも凄まじいです。『ジェーンに何が起こったか?』に、似ていなくもないんですが、こっちのほうが先なんですねえ。これはすごい。

Sunset Boulevard  imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-01-24 02:19 | 映画(ビデオ・DVD)
軽犯罪によって暮らしているミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)は、ある日、警官を殺してしまう。ミシェルはパリに逃げ、ジャーナリスト志願のアメリカ人パトリシア(ジーン・セバーグ)の元に転がり込むが、警察の手は着々と迫ってくる……。フランス語、英語字幕。原題はA bout de souffle。

ずーっと前に、一度、日本語字幕で見た覚えがあります。その時と、ものすごく印象が変わってびっくり!

前に観た時は、まだ映画をそんなに見ていなかったし、日本に住んでいたし、「あ、そう」みたいな感じだったのですが、今回は、この映画の独特さとか、遊び心とかに感心。ジーン・セバーグの可愛らしさにも、前は気付かなかったような……(一体、何を見ていたのか?)

あと、この映画の感触って、北野映画に似ているような(というか、北野映画が似ているのでしょうね)気がしました。

警官がパトリシアに伝えるミシェルの最後の言葉、英語字幕だと、little bitchなんですが、日本語字幕では何だったのだろうと気になりました。(もしかして、「勝手にしやがれ」?)ただ、この英語字幕、フランス語と結構違うところがあるようです……原語で分かると一番いいのでしょうねえ。

Breathless imdb.com
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-01-21 23:32 | 映画(ビデオ・DVD)
エジプトのピラミッドに宝物が埋まっているという夢を見た、スペインの羊飼いの少年サンチャゴは、不思議な王の助言を受け、宝物を手に入れるための旅に出る……。

世界各地で読まれているブラジル作家によるベストセラーをAlan R. Clarke + Paulo Coelhoの英訳で読みました。(日本語題は『アルケミスト』)

文学として読むと、lame…。(Alice Munroの後だったからかもしれません。ひねくれた個人の見解です)途中から、「これはセルフ・ヘルプ本」というカテゴリーで読みすすめました。

セルフ・ヘルプ本として読むといい感じではありますが、フェミニストは腹を立ててもよくないでしょうか??わたしはフェミニスト・フェミニスト的見解はしないほうですが、この本に出てくるファティマ(サンチャゴが恋に落ちるオアシスの少女)の扱いにはびっくり。

少年の「宝物」はピラミッドに埋まっていて、それを手に入れるために大冒険を続けるのですが、少女の「宝物」は「彼女を見つけ出した少年」であって、後はひたすら彼が帰ってくるのを待たなきゃいけないって……。「砂漠の女」とかなんとか言ってはみても、これって結局、男にとっての「都合のいい女」ではないでしょうか。

繰り返されるテーマというか、頻出フレーズは、
Follow your heart
When a person really desires something, all the universe conspires to help that person to realize his dream. (本文引用)

ということで、人生に行き詰まりを感じた時、迷いを感じている時などに読むと、元気の出る本だと思います。

Alchemist amazon.com

アルケミスト amazon.co.jp
[PR]
# by Erika_Akane | 2005-01-16 13:04 | 洋書