昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

The Cooler (2003)  邦題不明

昔風のやり方のオーナー(アレック・ボールドウィン)のカジノで、「クーラー」として働く、疫病神のような不運男バーニー(ウィリアム・H・マーシー)。しかし、カクテル・ウェイトレスのナタリーと愛し合うようになった時、彼の不運を呼ぶ力に異変が起こる……。

クーラーというのは、勝ち続けているプレーヤーがいるテーブルへ行って、その勝ち運を止めるというカジノの特殊な職業。映画の中では、わーっと湧いているテーブルのところへバーニーが行くと、勝ち運がたちまち負け運に変わって、「あーあ」とテーブルが沈みます。本当にそういう職業があったのかどうか分かりませんが、何となく「そういうのって、ありそうだよな~」と思えるお仕事。

映画館でみた予告編とビデオの箱のプロットラインから、コメディと勘違いしていましたが、かなりヘビーです。バーニーの徹底したLoserぶりを見ているだけでも落ち込むのに、バーニーと恋に落ちるナタリーも、不幸な過去を背負う女。さらに、アレック・ボールドウィンが演じるオーナーの残酷さがほんとに恐ろしい!

笑える部分もあるし、結末は『リービング・ラスベガス』より、ずっと救いがありますが、それでも途中、息がつまりそうに不幸でバイオレントなのでした。

The Cooler 公式サイト

The Cooler imdb.com
[PR]
by Erika_Akane | 2005-01-08 01:50 | 映画(ビデオ・DVD)