昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

From Hell (2001)

1888年ロンドン。ある街娼の一団が、一人ずつ殺されていく。性器を切り取ったり、内臓をくりぬいたりの猟奇殺人である。捜査への協力を頼まれたアバライン刑事(ジョニー・デップ)は、アヘン幻覚×透視能力、思考力、仲間の街娼(ヘザー・グラハム)の信頼を武器に、犯人を探す。しかし、彼らが追う相手は、一刑事の力では及びもしないような大物であった。

切り裂きジャックの真犯人をめぐっては、さまざまな説がありますが、その一つを描いています。結構、よくできた説ではないでしょうか。とっても不気味で絶望的なロンドンの雰囲気が味わえます。

阿片窟とかアブサンなどに興味がある人にも、吸いかたや飲みかたのディテールが面白いのではないでしょうか。

へザー・グラハムの赤毛に染めた髪が、可哀相なほどひどい色なのですが、最後のほうで、これがポイントになっていたりします。ジョニー・デップが、とても綺麗です。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-02-16 23:54 | 映画(ビデオ・DVD)