昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

The Core (2003) 邦題 ザ・コア

地球中心核の回転が止まったことにより、世界は滅亡の危機を迎える。いち早くこの事態を知ったアメリカ政府・軍部は、トップクラスの地質者ジョシュア・キース博士をはじめとする各界の専門家を集め、中心核の回転を再開させるべく、地球最深部へ送り出す……。

レンタル・ビデオ屋で粗筋を読んだだけで「そんなのって、あり?」と吹き出してしまったのでした。

“世界の終わり”ものですが、ヒット作の「アルマゲドン」とは逆に、下降していったのがそもそもの間違いだったのでしょうか。地味とういか、ぱっとしないというか。何がいけなかったのでしょうねえ。

「よくある」設定がもろに出てくるのが楽しかったです。コメディではないのだけど。

・大災害は世界的に有名な観光名所でおこる。(ロンドン、ローマ、サンフランシスコなど)
・地質学者のような、いかにも地味そうな学問の博士たちであっても美形・美体。
・コンピュータおたくは外見が悪く、不健康な食べ物を好む。
・妻や子について熱く語ると業務中に死ぬ。
・悪者は黒い服を好んで着る。愛煙者でもある。
などなど。

The Core 公式サイト
[PR]
by Erika_Akane | 2004-05-03 08:25 | 映画(ビデオ・DVD)