昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

Comedian (2002) 邦題不明

TVコメディ番組『サインフィールド』終了後、ジェリー・サインフィールドは、スタンダップ・コメディの原点に返る。各地の小さなコメディ・クラブ、レイト・ナイトショーへの出演、そして大劇場へ…。ベテラン・コメディアンとの談話、新人のコメディアンの苦悩などを交えたドキュメンタリー。

ステージの袖や楽屋で出番を待っているところなど、こっちまで緊張してしまうほどの生々しさがありました。

ジェリー・サインフィールドといえば、コメディの大御所という感じなのですが、(まだまだ若いので「大御所」も変ですが)新人コメディアンのオーニー・アダムスと全く同じような不安を覚えたり、「今夜は駄目だった」と反省したり、「題材がうまく離陸してくれない」と悩んだりしているのが、非常に印象的でした。

タイプA性格のオーニーと比べると、ジェリーは余裕があるようには見えるし、いつも笑顔なので近づきやすそうではあるのですが、内側での悩みは絶えないようです。

「これで芸が完成した。満足。終了」ということがない世界なのねえ。というか、たぶん、どんな芸であっても分野であっても、一流の人々の世界には、そんなふうな満足や幸福は存在しないのではないかと思ってしまいました。

ところで、苦悩の男オーニー・アダムスはこの後どうなるのかな。DVDでは、特別編として「オーニーは今どうしてるの?」という部分があるのですが、『今』はどうしてるの??この人、ものすごーく一生懸命だけど、努力があまり実ってないのです…。モントリオールのコメディ・フェスティバルでは相当に苛立っていて気の毒でした。

Comedian 公式サイト
[PR]
by Erika_Akane | 2004-05-10 22:22 | 映画(ビデオ・DVD)