昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

額に十字架

昨日、昼間外を歩いてたら、向かいからやってくる婦人の額に、十字架のような印があるのに気付きました。黒いマスカラが溶け出したような色でつけられていて、十字架というより、巨大な染みに見えます。

まあ、ダウンタウンには変わった人が多いので、この婦人もその一人なのだろうと思いました。金髪の白人婦人は身なりもよくて、あまり変わったことをする人には見えなかったのですが、突発的におかしくなるということだってあります。

で、夕方テレビを見ていたら、またまた額に十字架を発見。これは若い男性で、"The Passion of the Christ"(メル・ギブソン監督の新しい映画。ユダヤ人からの反発が激しく、議論沸騰中です)の感想を求められていたところでした。

で、夕方ぶらぶらと本屋に行ったら、そこでも若い女性の額に十字架!

我慢が出来なくなって、カソリックの人に聞いたら、Ash Wednesdayには十字架を額に描くのだそうです。

Ash Wednesday

もちろん、キリスト教だからといって、みんながみんな描いているわけではないのですが、これ、初めて気付いた(どうして今年まで気付かなかったのかな…)わたしにとっては、とっても不気味に見えました。額に黒い十字架を描いた人がうろうろしてるんですもの。視覚的にかなりのインパクトがあります。

でも、幼稚園から高校までカソリックの学校に行った人にとっては、ただの行事にすぎず、びっくりしているわたしにびっくりしてました。幼稚園の頃から、聖灰の水曜日には黒い十字架を額に描かれたとのこと。

額に黒い十字架のある幼稚園児がずらりと並んでいる様子や、無邪気に遊んでいる様子を想像して、ますます「こわー」と思ってしまったのでした。久々のカルチャーショック。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-02-26 22:47 | カナダ生活