昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

Spider (2002) [邦題]スパイダー/少年は蜘蛛にキスする 

精神病者のための施設から出てきたばかりのデニス(レイフ・ファインズ)は、ロンドンの社会復帰施設で暮らし始める。未だに不安定なデニスであるが、子供時代に起きたショッキングな事件の記憶を辿るうちに、真相(?)が浮かび上がってくる…。

ネタバレしないように粗筋をまとめるのが困難な映画です。(見る予定の人は、以下も読まないようかいいかもしれません)男性のほうがよく分かり、共感できるのではないかと思いました。エディプス・コンプレックスへの深い洞察という感じ。

娼婦のような女からハンドジョブを受ける父親をデニスが覗いている場面での、気がつくと自分が父親の場所にいるというカメラ切り替え。(しかも、この女は実は……)ホラー映画ではないのですが、目を背けたい心の深淵を見せられる恐ろしさがありました。

デニスの少年時代が出てくるまで、かなりだるくて寝てしまうかもしれませんが、最後までじっくり鑑賞するとヘビー級のドロドロが味わえます。

ところで、デニスは
・自分の体からガスの匂いが出ているような気がしてならないため、常にシャツを4枚着ている。
・他人には読めない字をぎっしりと書き込んだノートを必死に隠している。
・聞き取り不可能な一人言をブツブツつぶやき続けている…
人なのですが、前に住んでいた所の近くの公園には、こんな人がいっぱいいたのでした。(Lord of the ringsのゴラムみたいな人もいた)なんとなく懐かしかったです。
[PR]
by Erika_Akane | 2004-03-03 22:42 | 映画(ビデオ・DVD)