昨夜見た映画、今日読んだ本のレビュー。


by Erika_Akane

Monty Python's Life of Brian (1979) 邦題 ライフ・オブ・ブライアン

イエス・キリストと間違えられたブライアン(グラハム・チャップマン)は、キリストと同じ運命をたどることに……。

いい加減な粗筋でごめんなさい!モンティ・パイソン映画です。ピラトとか、キリストの母とか、奇跡とかもちゃんと(?)出てきますが、とにかくモンティ・パイソン。一番最後の、磔になった人々がみんなで楽しく歌うAlways Look on the Bright Side of Lifeがよかったです。

メル・ギブソンの『パッション』(わたしは見てません)を観て、気持ち悪くなっちゃった人は、お口直しにどうでしょうか。

Biggus Dickusのような、しようもないところで笑っちゃいましたが、個人的には『ホーリー・グレイル』のほうが、面白かったような気がします。

このDVDには、モンティ・パイソンの歴史や、撮影中に仲間同士で語り合っているところ、ふざけたラジオ宣伝なども納められていて、ファンの方にはおいしいと思われます。(「削除されたシーン」の中の「羊のシーン」と「オットー」も楽しかった)

Amazon Monty Python's Life of Brian
[PR]
by Erika_Akane | 2004-07-19 22:27 | 映画(ビデオ・DVD)